スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱と喉の痛みに

まりが治ったと思ったらゆりが発熱
まりの残ったものをぺろっと食べていても平気だったので
ゆりは平気だと安心していた矢先

よる、高熱であついと言ったりさむいと言ったりの繰り返し
なかなか眠れず、のども痛い
泣いては起きて 起きては泣いての繰り返し

痛みの軽減と
ウイルスや菌の撃退と 痛み、炎症を抑え
安心して眠れるように

ラベンサラ 抗ウイルス 抗菌 消炎 免疫刺激
マヌカ  抗菌 抗ウイルス 消炎 粘膜再生 
ニアウリ 抗ウイルス 消炎 鎮痛  
ラベンダー 鎮痛 鎮静 免疫刺激 催眠
ホホバオイルで希釈して
のどと胸、背中にやさしくやさしく塗りました

しばらくしたら寝息が
翌日の午前中には熱はすっかり下がりました
のどはまだ少し痛むようですがもう大丈夫そうです

from+i-phone+424_convert_20100622145921.jpg
まりとお花屋さんへ行きました
まりの心とゆりのからだの
回復祝いに


こころとからだ

まりの3日間の熱とのどの痛み
いつもより治りが遅く、熱もつづき不思議に思っていました
そして、ゆりへのけんかごしの口調
どうやら友人との関係のもつれがあったようでした

ストレスは多くの深刻な病の要因になりえるのもです
免疫力を下げてしまいます
そしてその体の不調は多岐にわたるもので
異常がみられる場所にあるとは限りません

精油にはこころとからだの両側からはたらきかけます
好みの香りをかぐことでもホット一息つける手助けになります

本当はまりのバランスがくずれる前に気がついてあげることが出来たらよかったのですが
今回、学校を休んでいる間に持てたまりとのゆったりとした時間
普段はなかなかない2人だけの時間
私にもまりにもいい時間でした

from+i-phone+418_convert_20100621112234.jpg

友人とのもつれも、風邪も今ここで乗り越えていけば
次はもっと大きな山を乗り越えられるはず!
若いうちに困ったり、考えたり、経験し、解決することは
いいと思うよ
「いいことなんだよ!」と、渦中にいるまりに言っても
まだまだ納得は出来ないようですが
私は本当にそう思うのです

塾などにも行っていないまりにとっては
今は、家と学校が自分の居場所
家はもちろん絶対なものだけど、
もうひとつくらい学校以外に居場所があるといいのでしょうね


from+i-phone+421_convert_20100621115513.jpg
まりが元気になってからつくった 毛糸やさんごっこ

まりの休んでいる間
私もまりと一緒に悩みました
まりがどうしたら心の元気をとりもどせるか
どうしたら友人関係が良くなるのか
(今はもう解決してまりは元気に学校に行っています)

日曜日の夜
彼がこどもとお風呂に入ってくれたので
私は自分用に精油をお風呂に
ラベンダー
イランイラン
ペパーミント
バジル
疲れも汗と共に出て
私もこころとからだ とてもすっきりとしました

成長するちから

まりが熱を出しました。
以前の私だったら熱が続いたら心配していたところですが
発熱の良さを知ってからは熱を出すことも自然と受け入れられるようになりました

体温が上がるということは免疫をつかさどるリンパ球を
働きやすくするためのいい状態だそうです
なので、今、まりのからだの中では風邪のウイルスをやっけるため
自ら熱を出していることになります
熱を出せることも力のうち

こどもの成長する力はあなどれません
寝てるときでさえ(冬でも)
汗をいっぱいかいているのを見ると
一生懸命生きているちからを感じます

風邪や熱でも、
日々のトラブルなども
周りの大人はあせらず騒がず
こどもの力をじゃましないくらいの
力添えをしてあげられるのがいいのかなと思います


from+i-phone+417_convert_20100616163655.jpg

こんなところでも生長する植物もすごいですね
命が芽生えた場所で、生きていく
植物から取れる精油がいろんな力を持っているのも納得です

アロマでまりへの力添えになるように
薬のように目の前だけの症状をなくすことではなく
(薬が駄目なわけではなく必要以上には使いたくないので)
体の根本からゆるやかに免疫系をお手伝い
まり自身の力を出せるように

お風呂にラベンダーとラベンサラを
足の裏にラベンサラを塗りました。

体が疲れていると警告しているので
それに素直にしたがって休むことも大事ですね

消化器などに力を使わないように
むりにたくさん食べる必要もなく
安静にして
体の治癒のほうにめいいっぱい力をまわしたいところです

よっぽどでないとこどもは
熱が出てもずっと寝ているなど
じっとしていてくれませんが
それもまだちからのある元気な証拠ですね


マンダリン・プチグレン

肩こり、だるさ、そしてそんなことからくる気持ちのつかれ
どれが発端かはぐるぐる回ってわからなくなっていますが
首と肩にかけて
月見草オイルとアプリコットカーネルオイルに
マンダリン・プチグレンとワイルドラベンダーをブレンドして塗布

from+i-phone+414_convert_20100614120410.jpg


マンダリン・プチグレン
Citrus reticulata
ミカン科 エジプト
部位 葉
(ビターオレンジではなくマンダリンから取れるプチグレン)

心と体のバランスをとり
疲れたときにはフレッシュに
神経過敏なときは落ち着けます

このオイルは特別な精油と言われています
それは成分のアントラニル酸メチル(芳香族エステル)が多く入っているのは
数ある精油の中でもマンダリン・プチグレンだけです
アントラニル酸メチル(芳香族エステル)は知られている中でもっとも
緊張緩和作用の強い成分です
ストレス解消作用の最も強いオイルでもあり
そして正反対の作用を持つモノテルペン類が相互に作用して
生体の機能に働きかけバランスを調節するようです

ワイルドラベンダー
Lavandula angusutifolia
しそ科 フランス
部位 花
プロバンス産の野生のラベンダーです
香りが透明で優しい感じです

月見草オイル
Oenothera biennis
アカバナ科
リノール酸(60~75%)r-リノレン酸を約10%含むことで
免疫系を強化し、アレルギーや炎症反応 老化 ホルモンバランスを
間接的に調節するとされます
酸化が早いのが難点です

アプリコットカーネルオイル
Prnus armeniaca
バラ科
オレイン酸が約65%含まれ
肌に優しく浸透性に優れています
肌を軟化し荒れた肌を再生します

ローレル ラベンダー ブラックスプルース 

from+i-phone+415_convert_20100611163121はす

今朝は久しぶりによい目覚めでした

昨日までは
なんだか朝からすっきりしない日が続き
体も頭も気持ちも疲れていた時に
きのうの夜に選んだ製油がこちら
こどもたちの寝たあとの一人でお風呂に入る時間に使った精油たち
ローレル ラベンダー ブラックスプルース


入ると、いつもより汗が早くたくさんでてきて
すっきりしました
森の奥深くにいるような感じ

ローレル Laurus nobilis
クスノキ科
部位 葉
月桂樹です
モロッコで育った野生種の精油
この香りに私はいつもため息が出ます
穏やかで あまく 力のある香り
免疫強化や疲労回復に
リンパ系に効果があるといわれています

ブラックスプルース Piesea mariana
松科
部位 針葉
カナダ
オーラを浄化し、身体的にはエネルギーを与えてくれる“クロトウヒ”です
北の樹木限界線はクロトウヒの北部限界線と言われており、極限の気候の中に育ちます。
疲労やストレスのレベルが高い時に使える1品です

眠る前には刺激が強い精油なので
眠りにつきやすくするラベンダーでバランスをとります

ラベンダー Lavandura angustifolia
しそ科
部位 花
プロブァンス
挿し木で育てられるものの多い中 種から育てられたラベンダーです
プロブァンスでは万能薬と言われ
精油のブレンドの作用、香りどちらにおいても
中和約にもつかえます
とてもここでは書ききれないのでまた改めて

どの精油も言葉では言い切れない
そのときそのときによって見せてくれる力は計り知れないものがあります







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。