スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごまの花

去年から父がゴマを作り始めました

食用のゴマの姿はいつも当たり前に感じていましたが
ゴマの実ができるまでの様子は想像もつきませんでした


from+i-phone+462_convert_20100831151336.jpg
ゴマの花とゴマの実です 8月19日の畑の様子


ゴマと言えば
アロマテラピーのトリートメントなどで
精油を希釈するベースオイルのひとつにごま油があります
ベースオイルは(精油も)直接肌につけるために
安全で質の高いものと選ぶことが大切になります

セサミオイル
Sesamum indicum
ゴマ科

セサミ(ゴマ)はアフリカ原産で最古の油脂植物であると考えられています
オイルは通常 圧搾→抽出→精製の工程で作られますが
トリートメントで使用する
オイルはコールドプレスの後にろ過したものです
こうして作られたオイルは優れた食用油としてだけではなく
スキンケアオイルとして使えます

アーユルヴェーダでもよく使用されるこのオイルは
血行を促進し 代謝を高め 加温作用があります
セサモールやビタミンEの抗酸化作用で皮膚の治癒を促します
皮膚の免疫を強くして抵抗力を高めます


from+i-phone+461_convert_20100831151303.jpg

この一つ一つの実の中にいったい何粒入っているのでしょうね







スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://tsunagarukoto.blog129.fc2.com/tb.php/43-9e1170fc

Comment

masa | URL | 2010.09.02 23:13
ごま油もオイルに使うんですね(^-^)オリーブオイルとはまた違った使い方になるのでしょうか?

この間、宮崎の五ヶ瀬にお茶づくり体験をしにいきました。ホーリーバジル(トゥルシ―)が大量に咲いてて、トゥルシ―水やお茶とトゥルシ―のブレンド茶も飲んできました。

咲いてる傍を通るだけで凄い香りでした。ちょっと質問なのですがトゥルシ―を使う時には何か注意点とかありますか?
satomi | URL | 2010.09.04 07:41
ホーリーバジル(トゥルシ―)の精油について
トゥルシーは伝統インド医学では、心を開き免疫系を強化すると言われているそうです
活力を向上させる強壮剤として使われストレスに対する抵抗力をつけます
炎症やウイルス性炎症に対して大変効果的ですが、残念ながら皮膚に優しいとはいえません。
1%の希釈であれば問題ありませんがこれをこえると皮膚や粘膜を刺激して炎症をおこす可能性あります。
後、子宮収縮作用があるため妊娠中は使用しないようにしましょう(少しなら大丈夫と言われていますが)

masa | URL | 2010.09.05 06:21
トゥルシーは妊婦さんには禁忌なのですね(^^)ご丁寧に教えて下さり有難うございましたm(__)mお世話になりましたm(__)m
satomi | URL | 2010.09.07 10:14
注意が必要な精油ですが、使い方を間違わなければ大丈夫です。
いろいろ活用してみてくださいね
のりたま | URL | 2010.10.18 11:59
ご無沙汰です~

お父さま、ゴマを作ってるなんて、すごい!
香りが違うんでしょうね~?

試験前に、お友達がアロマのミツロウバームをくれました。
正直、そんなに期待はしていなかったのですが(失礼)その癒されることといったら・・・。

それに、ダイレクトに作ってくれた方の「気」も感じ、香りの力をものすごく実感しました。

きっと、satomiさんのアロマも、お子さんたちにいい「気」と一緒に届いているんだなぁ~と。
satomi娘2人との4人家族 アロマテラピーを日々活用中 | URL | 2010.10.20 16:14
のりたまさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

去年から父がゴマを作り始めました。
ゴマの良い香りを味はおいしいですよ。でも大変だから来年は作るのを考えているようで残念なのですが。

アロマは気に入っていただけているようでよかったです。
使ってみないとわかりませんものね。
のりたまさんの言うとおり子供たちにも気と一緒に届いているんだと思います。
使うときに手で塗ってあげたりするので手の効果もあると思います。
そして塗っている私も癒されるんですよ~。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。