スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとながこどもにできること

シュタイナーのこどもの育て方


 で こ お
 き ど と
 る も な
 こ に が
 と


from+i-phone+379_convert_20100525133044本。

題名の配列にひかれておもわず手にとっていました

シュタイナー学校の先生が書いた本です
いくつかのなるほどを要約しながら掲載します

「大人は今までのよくない経験を子供にはさせたくないと思う
 自分はそれをやってしまったけれど
 わが子にはよりよく生きてほしい
 そのようなことをしないでほしい

 しかしここにはちょっとした
 でも大切な問題がある

 経験は、その経験をした人だけのものだ

 こどもにも「まちがう権利」がある
 そのまちがいを、その人自身の人生が必要としている

 まちがいに気づくこと抜きには、学びははじまりません
 もし失敗したら

 どうしたらできるようになるだろう?

 と未来に向かっていっしょに考えれば、そこから可能性がひらかれる

 ちいさい子が歩くときなんどもころんではおきあがる
 歩きたい、学びたいという気持ちに「ふた」をしないことはたいせつ

 じぶんがなにかをしたい、という内側からの気持ち
 やろう、やらなければより、やりたいという気持ち
 これを枯れさせずに育むことがどんなにたいせつなことか
 それは大人にとっても同じです

 おとながしずかに集中して何かにとりくんでいる様子に
 こどもは繊細に反応します
 その様子に吸い寄せられるようです」

そして
瞳の奥があつくなることば

「でも、
 こどもがどれほどおとなのほうを期待に充ちて見ていても
 おとなはほほえみかえさない
 気づかない
 みんな、ナーバスで、あしたのことを気にしている
 いらいらとして、忙しいとかいろんなことを言います
 そうです、たしかにおとなにはいろんな事情がある
 でもね
 ほんのちょっとの時間なんです」


すこしでもおおくほほえみたいですね
こどもにもおとなにも
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://tsunagarukoto.blog129.fc2.com/tb.php/28-61070026

Comment

ルーシー | URL | 2010.05.26 19:58 | Edit
わあ、ぜひ私もこの本読んでみようと思います。
シュタイナー教育からはかけ離れた育児をしていますが・・・^^;
エッセンスを知るだけでも何か少し取り入れられるかな。
satomi | URL | 2010.05.26 20:22
私は実はシュタイナー教育自体については
詳しく知らないのです。。。^^;
ルーシーさんの言うとおり
何か自分にピピットくるエッセンスを取り入れるといいですよね。
読んだときはそうそうと思い、
私もそうしようなんて思うのですが
時間と共に忘れることも多々あります・・・^^;
のしんちゃん | URL | 2010.05.27 11:24 | Edit
間違う権利!!
コレすごい言葉です。
確かに権利ですよね。

集中してナニかに取り組む姿・・・
最近 覚えがないなあ・・・

今日はいい言葉ありがとうございました!
メモメモ!
メモした紙をどこにおいたかも忘れないように
しなくては・・・
satomi | URL | 2010.05.28 08:19
なにかに取り組む姿
のんしんちゃんは石鹸作りとかやっている姿も
そのひとつなんじゃないですか♪

私も何か気になる言葉があったりすると
メモするのですが、
その時々でノートだったり、携帯のメモ欄だったり
いろいろなうえに、そのとき書いたことに満足して
後からはほとんど見ないかも(苦笑)

そうそう ちなみにうちの子供も
ばむとけろ 大好きです~
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。